アクセス解析

「ストレス性疲労」の記事一覧

リラックスするには

ストレス性疲労 ストレス

リラックスするには、丹田呼吸法が一番です。 心身ともに、疲れ過ぎている方には、適切な呼吸法をおこなえば、ストレス性疲労を回避できます。 丹田呼吸のやり方は、背筋を真直ぐにし、何も考えず、目をつぶり、軽くヘソを意識し、ゆっ […]

なんとなく体調が悪い

ストレス性疲労 肩こり

なんとなく体調が悪い(不定愁訴)方は、日頃から緊張し過ぎのようです。 日頃から、小さなストレスが溜まり過ぎて、それが肩や首の緊張につながり、脳が疲れ自律神経が乱れることになります。 また、スマホや仕事中の眼の疲れ、こちら […]

施術後は休んだ方がいい

ストレス性疲労

施術後、スポーツジムへ行かれる方がいますが、できる事なら、ゆっくり休んだ方が体調は良くなります。 こちらでは、全身の調整をおこなっていますので、その後に運動をするより、寝た方が体調の回復スピードは上がります。 カイロプラ […]

受験生のストレス疲れ

ストレス性疲労

受験生や不登校気味の子供さんたちは、「朝起きられない」特徴があります。 他の特徴は、「全身が浮腫んでいる」「全身が硬い」「呼吸が浅い」「内臓の体力が落ちている」ことです。 また、「頭が重い」と感じる子も多くいます。 頭が […]

メガトン級のストレス疲れ

ストレス性疲労

最近、メガトン級のストレス疲れのお客様が目白押しです。 夏休み後に疲れ切った方々、夏休みがなかった方、コロナ感染後で回復しきっていない方など 皆さんストレス疲れで全身がバリバリ硬い状態です。 皆さんの共通する状態は、呼吸 […]

自律神経が整うと

ストレス性疲労 ストレス

自律神経が整うと、体調や気分もよくなります。 気温が35℃以上になっても、それほど暑さを感じなくなります。 高齢者の気温感覚の弱さとは別で、35℃以上になっても少し暖かい感覚になります。 体力的には、日中よく働けば、それ […]

ページの先頭へ